So-net無料ブログ作成
検索選択

少林サッカー2 映画 [映画]

スポンサーリンク





1月7日、13:25~少林サッカーテレビ東京で放送されますね。

因みにこちらの映画、2の噂があるのをご存知ですか?


◆◆◆映画「少林サッカー2」の噂の真相

少林サッカーの監督チャウ・シンチーが、来日会見で

「続編のアイデアは既に頭の中にあるよ。でも今はプロモーションで忙しいからね。落ち着いたらゆっくりシナリオを組み立てていくつもりだよ」

と言ったのが噂の発端のようです。

ということで、映画「少林サッカー2」はまだありません。

そして今のところ、製作中でもないようです。残念。。。


◆◆◆少林サッカーのあらすじ(ネタバレあり)

では、気になるあらすじを。

ネタバレも含みますので、知りたくない方は飛ばしてください。


かつてサッカー界のスターであったファンは、チームメイトで子分だったハンから八百長をもちかけられ小切手を受け取るが、試合でわざとシュートを外したことによって怒った観客たちに襲われ、足を大怪我して引退する。

20年ほどが経ち、ハンはサッカー界の絶対的な実力者へとのし上がっていた。

いまやハンの雑用係となっていたファンは、ハンの配下のサッカーチームの監督を任されるという話を反故にされてハンに怒る。

ハンはファンに、脚が使えなくなったのも八百長に手を染めた欲深さが原因ではないかと嘲笑い、さらに「実は観客が騒ぎを起こしてファンを襲ったのは全部自分が仕掛けた」と真相を話す。

自責の念と悔しさで街をうろつくファンは、偶然見かけた清掃員のシンの脚力にほれ込み、サッカーをしないかと持ちかける。

シンは逆に少林拳の効用を説き始める。

シンはかつて辛い修行に耐えて武術を修めたが、現代中国の大都市では武術を生かす仕事はないうえに武術以外のことを知らないのでつぶしがきかず、清掃のバイトに身をやつしながら少林拳の普及を夢見ていた。

一旦はシンの無礼さに怒ったファンだったが、やがてシンがサッカーボールで暴れ者を退治する場面に出くわし、改めてサッカーを勧める。

サッカーは少林拳の宣伝に使えるかもと考えたシンは、ファンと共に、修行の歳月をともにした5人の兄弟弟子たちを訪れる。

しかし全員武術の道をあきらめて仕事に追われたり職探しをしたりしており、シンの誘いを断る。

だがシンの少林拳普及の熱意とサッカー全国大会の賞金の話に刺激されて全員シンのもとへ結集し、ファンの指導下でサッカーチームを組んだ。

最初の試合はならず者のチーム相手で、サッカーの素人で体もなまっている少林チーム(「少林隊」)はラフプレーで倒されたうえにリンチにあってしまう。

しかしその最中に兄弟弟子たちは覚醒を起こし、超常的な技を蘇らせてならず者チームを倒す。

仲間に入れてくれと頼むならず者たちの参加で少林チームは11人の選手をそろえて全国大会に臨む。

少林チームは少林拳とサッカーの融合で大会を勝ち進み注目を集める。

シンは以前から、饅頭屋で太極拳を使って饅頭を作るムイという若い女性の実力を認めており、友人としてつきあっていた。

ムイはシンに友人以上の感情を抱くが、シンは鈍感でなかなか気づかないうえに、全然似合わない精いっぱいのメイクを思い切りけなしてしまう始末だった。

しかしあばただらけの顔で自信の持てなかったムイはシンたちとの交流で少しずつ自信をつけ始める。

少林チームは強敵を倒してついに決勝に進むが、その相手はサッカー界の権力者ハンが監督するデビルチーム(「魔鬼隊」)であった。

ハンは新型薬物のドーピングと謎の科学トレーニングで選手たちを強化しており、デビルチームは少林チームのプレイをことごとくはねかえす上にラフプレーで少林チームの選手を潰してゆくが、ハンに買収されている審判や大会関係者は全く問題にせず反則をとろうともしない。

ついに7人だけとなり試合続行が不可能になった少林チームだが、男装をしたムイが登場し、試合は続行される。ゴールキーパーになったムイは敵チームのシュートの餌食になるかと思われたが、襲い掛かるボールを太極拳で受け流して完全に支配し、シンへボールをパスする。シンの放ったシュートはデビルチーム全員とゴールポストを吹きとばして決勝点となった。

少林チームが優勝した一方、ハンは禁止薬物使用で逮捕され、全国的に武術が大ブームとなった。

数年後、武術の達人だらけになった街角の上方には、武術ブームの立役者であるシンとムイのカップルが表紙になった雑誌の広告が掲げられていた。
(Wikipediaより)


面白そうですね!


◆◆◆映画「少林サッカー」のDVD

当時、香港映画としては歴代最高の興行収入を上げたほど、人気を博した映画です。

この映画を鑑賞したクエンティン・タランティーノ監督は「ぶっちぎりに凄い映画だ」と絶賛したとか。

家でじっくり観たい方はこちらからどうぞ。




スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。